東日本国際大学 (福島県いわき市)

Share on Facebook

『東日本国際大学』は、福島県いわき市にある私立大学

区分私立大学
地区北海道・東北
都道府県福島県
市区郡いわき市
大学名東日本国際大学
かなひがしにっぽんこくさい
郵便番号970-8023
所在地福島県いわき市平鎌田字寿金沢37
入試担当部課入試広報センター
電話番号0246-35-0002

東日本国際大学の映像

東日本国際大学のQ&A

質問: 人間の心理関係の大学についてです! 自分の彼女は、今年高校を卒業し大学に進学したいと言っていました。 将来的には、カウンセラーなど人の悩みを聞いて助けてあげるようなことをしたいと言っていたので、心理関係を学べる大学を探していました。 候補には、 【茨城県】筑波大学(人間学群 心理学類) 【北海道】札幌国際大学(心理学科 人文学部) 【東京都】武蔵野大学(人間科学部) の3つが上がっていましたが、筑波大学はさすがにきつすぎるということで考えてはいないようなのですが、心理学を学べる大学でいいところがありましたら教えてください。 自分は去年から就職し、大学などは調べていなかったので今から調べますが、よかったらみなさんの意見も聞きたいのでお願いします! ※出来れば東日本にある大学でお願いします。2016-08-24T23:58:42+09:00
解答(ベストアンサー):
心理学を学べる大学なら沢山あります。 ただし、本当にマスターしようとすれば、 大学院まで進む方がよいでしょう。 青山学院大学 教育人間科学部・心理学科 学習院大学 文学部・心理学科 慶應義塾大学 文学部・心理学専攻 早稲田大学 文学部心理学コース 上智大学 総合人間科学部・心理学科 法政大学 文学部・心理学科 立教大学 現代心理学部 明治大学 文学部・心理社会学科 白百合女子大学 人間総合学部 発達心理学科 駿河台大学 心理学部 東京女子大学 現代教養学部・人間科学科・心理学専攻 日本大学 文理学部心理学科 立正大学 心理学部 お茶の水女子大 文教育学部人間社会科学科心理学コース 昭和女子大学 人間社会学部・心理学科 千葉大学 文学部行動科学コース心理学講座
2016-08-28T21:40:26+09:00

質問: 〔神奈川・秦野市/ドクターヘリ着陸失敗で大破~搬送予定の高校生死亡〕 (テレビ朝日系(ANN) 2016年8月9日配信) http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160809-00000008-ann-soci 8日、神奈川県秦野市のグラウンドで ドクターヘリが着陸に失敗して大破した事故で、 このヘリで搬送される予定だった 18歳の男子高校生が死亡しました。 午後2時ごろ、 秦野市のグラウンドに着陸しようとした 東海大学医学部付属病院のドクターヘリが 尾翼を地面に接触させ、大破しました。 乗っていた医師ら5人にけがはありませんでした。 交通事故に遭い、このヘリで搬送される予定だった 秦野市の高校3年生・古賀駿介さんは 急きょ、救急車で病院に搬送され、手当てを受けていましたが、 8日夜に死亡しました。 警察は交通事故の詳しい原因を調べています。 また、国の運輸安全委員会は 航空事故調査官を現地に派遣し、 ドクターヘリの事故原因について調べる方針です。. *** 近年、 小型飛行機やヘリコプター(自衛隊機も含む)、 パラグライダー等の 墜落事故、 更には、 大型旅客機の緊急トラブル(着陸事故も含む)が 相次いでいますが、 ドクターヘリの墜落事故は 国内墜落事故の中でも 極めて珍しいのではないでしょうか。 もちろん、空の事故に限らず、 海の事故、 陸の事故においても、 東日本方面を中心として、 日本全土で激増していますが、 特に1F事故後、 特に東日本を中心として 日本全土で、 列車、モノレールに限らず、 バス、飛行機等の特に運送業務者の 体調不良が相次いでおり、 救急搬送されるケースも 珍しくなくなってきました。 必然的に、車両事故も多発するのは 何ら不思議ではありません。 初動操作ミスに起因する 普通乗用車の突っ込み事故等の急増はもとより 特にバス(関連として「大型トラック」も例外ではない) 関連の運転手の体調不良&異常事故の急増は 2013年あたりから既に顕著な兆候が見られたようです。 2014年あたりからは、 運転手の体調不良&異常事故の対象地域も (2013年~)東北&関東に限らず、 徐々に拡大してきているようにも感じます。 〔「過労死」と「被曝事項」との曖昧な境界 ~「過労死」の死角〕 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12142679272 運行業務の規制緩和に伴い、 各運転手に対する精神的&肉体的負担も高まっている ことは概ね予測できますが、 やはり、背後に「被曝影響」(特に、脳&中枢神経) が大規模に顕在化しつつあるのでは? そして、西日本方面に関しても、 例外ではなく、 【今後、20年間の間に 約2150万人が被曝関連死するというのに・・】 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113130699 でも触れたように、 「愛知県が直接被曝のボーダーライン (セシウム合算50Bq/kg以下)」 〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg ⇒チェルノブイリのフランス(ホットスポット・南フランスを除く) の平均汚染に相当〕 〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」 と外部被曝のボーダーライン地帯を境に 西日本方面と言えども、 東日本方面の飲食物が大量に 流通しているとなると、 内外被曝の合算値(積算被曝量)が 東日本方面の残留民の被曝値(積算被曝量)に 徐々に近づいているであろうことは 概ね予想できます。 そして、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのでは? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、 今年2016年度以降、 この種の被曝疾患の突然の顕在化と思われる ことに起因する不自然な事故も、 陸、海、空問わず 東日本を中心に日本全土で 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのでは?2016-08-09T12:50:38+09:00
解答(ベストアンサー):
下で回答しているlulu_01_09というデマ野郎の回答は 原発事故直後の2011年のデータを転記したデマ屋ブログ。 つまり、5年前のネタを使い回すと言う姑息な手段を 取らないと今ではそういうデータが見つけられないという証拠。w 更に 「放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)」 というのは中核派が主宰したキチガイデモ。(大笑)。 放射脳野郎の狂った回答です。(嘲笑)
2016-08-24T03:16:42+09:00

質問: 〔宮本敬文氏(写真家)3日、脳出血のため急死(50)〕 (Nitewatch 2016年8月4日) http://nitewatch.biz/news/keibun_miyamoto/ 写真家の宮本敬文さん(50)が、 昨晩、脳出血のため死去。 宮本さんは 1966年埼玉県浦和市(現:さいたま市)生まれ。 日本大学芸術学部、 New York School of Visual Art大学院卒業後、 N.Yにて活動を開始。2002年に帰国。 写真家として広告、雑誌、CF等で活躍していた。 2012年に劇場公開されたドキュメンタリー映画 『The Moment -写真家の欲望-』で監督も務めた。 (写真家としてイタリア時代を一緒に過ごした仲間) 元サッカー選手・中田英寿と親交が深い。 PS https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E6%95%AC%E6%96%87 〔主な仕事〕 ◎広告 ◎雑誌 ◎TV-CF 〔出版物〕 略 *** 特に今回のような 頭部疾患(但し、脳腫瘍は除く) ⇒「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」) に焦点を絞っても、 〔岡野喜之助氏(静岡・沼津市/スルガ銀行副社長) 13日、脳出血で急死(69)〕 (2016年7月16日) 〔浅井研二郎氏(兵庫/浅井劇団・座長)8日、 くも膜下出血のため急死(42)〕 (Nitewatch 2016年7月9日) 〔元女優・小田かおるさん(55) 3月末「脳出血」⇒左半身麻痺(後遺症)&車いす生活〕 (Nitewatch 2016年7月9日) 〔鈴木大介氏(ルポライター)(41) 2015年5月末、脳梗塞⇒高次脳機能障害の後遺症〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔(「Crossfaith」Kazu)武村和樹(27) 2014年8月脳内出血で緊急入院⇒リハビリ闘病中〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔「オリーバーズ」大友マサノリ氏(32)5月25日、 クモ膜下出血で緊急入院〕 (Nitewatch 2016年6月4日) 〔福島・川俣町の古川道郎町長(71) 2015年12月~脳梗塞&左半身一部麻痺〕 (Nitewatch 2016年5月22日) 〔女優・横町慶子さん17日死去(48) ~脳梗塞(2010発症)の悪化か〕 (SPICE 2016年3月27日) 〔プロレスラー・ハヤブサ(江崎英治)氏3日、 くも膜下出血のため死去(47)〕 (産経新聞 2016年3月4日配信 ) 〔安生徹氏(元国会1F事故調査委員会事務局長) 12日くも膜下出血で埼玉県内病院で死去(66)〕 (silvershield 2016年3月16日) 〔歌手・徳永英明(55) もやもや病⇒脳梗塞発症の予防のため2月22日に緊急手術〕 (デイリースポーツ 2016年3月3日配信) 〔清水真氏 (昭和女子大学・准教授)くも膜下出血のため死去(47)〕 (silvershield 2016年1月24日) 〔国本武春氏(浪曲師)24日、 脳出血による呼吸不全で都内病院で死去(55)〕 (時事ドットコム 2015年12月24日) 〔造形作家の内田恭輔氏1日、脳出血のため死去(37)〕(2015/10) 〔女性漫画家・速水翼さん19日、脳幹出血のため死去(50代?)〕 (スポニチ 2015年8月21日 ) 〔お笑い芸人・相原慎吾氏13日朝にくも膜下出血で死去(31)〕 (J-CASTニュース / 2015年8月19日) 〔楠井まこと前・(東京)国分寺市議18日、 くも膜下出血のため急死(38)〕 (2015年8月19日) その他 〔ユニコーン・川西幸一(55) 脳梗塞[ラクナ梗塞]に罹患⇒2カ月程度の静養(16日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年7月17日) 〔 タレント・磯野貴理子(50) 2014年10月23日に脳梗塞で倒れ、緊急入院〕 1F視察直後に 〔元東京都知事・石原慎太郎(82) 都内病院で「軽度の脳梗塞」と診断⇒入院〕 (2013年2月) 〔テレビ東京・大橋未歩アナウンサー(34) 若年性脳梗塞を発症〕 (2013年1月~9月療養) 〔国立がん研究センター(内科医) 近藤崇医師(28)2011年12月、脳梗塞で倒れ半身不髄に〕 とごく一部の情報にすぎませんが、 特に東日本方面における 特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)に起因する 特に、比較的若年層の急死(突然死) 報道も、最近特に目立ってきたように感じます。 最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより) 関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にしても、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 この種の若年層の重篤疾患も、 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか? PS 〔ここ数年、 特に20代以下の脳梗塞の発症&突然死が爆増している模様。 〕 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14161995544 〔患者数は10年で5割増~ゆとり世代で「突然死」急増のナゼ〕 (日刊ゲンダイ 2016年7月20日) 「脳梗塞といえば中高年以上の病と思いがちだが、 最近20、30代に増えているという。」2016-08-05T03:26:12+09:00
解答(ベストアンサー):
【 indianlegend3 放射脳語大辞典】 《論理》 ①妄想の形式・法則。また、妄想の不規則的なつながり。 ②実際に行われていない推理の仕方。捏造のすじみち。 ③比喩的に、事物間の作為的つながり。 【関連語】 悪心 徒(あだ)し心 偏見 虚言症 作話症[医] 虚言癖 病的虚言 詐欺 赤嘘 真っ赤な嘘 空(から)嘘 嘘八百 虚伝 空説 虚聞 空言 荒唐無稽 無稽荒誕 荒誕不稽 大法螺 駄法螺 法螺を吹く 言い曲げる 捻じ曲げる 歪曲する 子供騙(だま)し 子供誑(たら)し 尻も結ばぬ糸 嘘吐(つ)いたら針千本呑ます 嘘をつけば舌を抜かれる 閻魔様 嘘つきは泥棒の始まり; ちゃら ちゃらっぽこ ちゃらくら ちゃらほら ちゃらちゃらくら ちゃらを言う ちゃらっぽこを言う ちゃらす ちゃらける ちゃらかす おちゃらかす とんまかす すけとん
2016-08-19T09:29:35+09:00

質問: 〔田村恒介氏( TheTamTams )27日、頭部悪性脳腫瘍のため死去(20代)〕 (Nitewatch 2016年7月27日) http://nitewatch.biz/news/thetamtams/ 関西を活動拠点にする ロックバンドThe Tam Tams(ザ・タムタムス)の ボーカル,ギター田村恒介さんが 7月27日、頭部悪性脳腫瘍のため死去した。 田村さんは2015年1月に体調不良により、 入院、ライブ公演の出演をキャンセルし治療を行っていた。 ~TheTamTams公式ツィッター~ (2016年7月28日) 2016年7月27日午前3時47分 TheTamTams vo.gt田村恒介が 頭部悪性脳腫瘍のためこの世を去りました。 彼は約一年半、復活の為に全力で努力していました。 彼の音楽に対する思い、TheTamTamsに対する思い、 すべてを残ったメンバーで受け継いで生きます。 PS ~TheTamTams公式HP~ http://www.thetamtams.net/news.php ▲2015/11/7 田村恒介は 現在も治療を行っておりますが 順調に回復に向かっております。 お客さん、関係者様には大変なご迷惑をお掛けしました。 そしてついにライブ活動再開します。 2016.2.28 The Tam Tams復活です。 ▲2015/1/31 此の度、TheTamTams vo.gt田村 恒介が 体調不良により、入院、治療する運びとなりました。 それに伴い現在公表されている 出演が予定されていた 全てのライブ公演の出演を キャンセルさせていただくことになり 主催者様、ライブハウス関係者様、共演者様、お客様、 すべての関係者様には大変なご迷惑をお掛けしますが、 ご理解して頂きますよう、何卒宜しくお願い致します。 TheTamTams 一同 *** 近年、50代&60代はもとより、 40代以下の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。 詳しい年齢は不明ですが、経歴等から 20代後半と思われます。 特に今回の脳腫瘍関連として 〔ブンサテ活動終了~川島道行(46) 初期の脳腫瘍(1997)⇒2015/8再発&悪化〕 (2016年6月1日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159983964 〔神奈川県在住の天才作曲家・加藤旭さん 2013年~「脳腫瘍」発症⇒20日死去(16)〕 ( 2016年5月29日) 〔橋本恵二氏(東京国際大教授、企業情報ST) 14日脳腫瘍で神奈川県内病院で死去(61)〕 ( 2016年4月14日) 〔俳優・松方弘樹(73)の脳腫瘍の正式病名 「中枢神経系原発悪性リンパ腫」(極めて珍しい難病)〕 (2016年3月3日) 〔FMW覆面女子レスラー・Ray2月上旬、 悪性の脳腫瘍(st3)が発覚〕 (2016年2月17日) 〔ゴスペラーズ・北山陽一(41) 11月中旬、脳腫瘍(良性腫瘍)の手術〕 (2015年12月1日 ) 〔福島⇒沖縄「保養」女児2014年12月、 脳腫瘍(小児脳幹部グリオーマ)で死去(4)〕 等々 特に1F事故後、各種報道でも、 成人の脳腫瘍関連報道はもとより、 特に小児関連も断続的になされ、 特に近年目立ってきた印象を有し、 知恵ノートでも記録を継続するが、 そもそも、 チェルノブイリ方面では * 〔IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、 首相官邸資料 「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違 〕 <研究結果要旨> 16.Orlov と Shaversky は、 ウクライナの3歳以下の子どもたちの間で、 脳腫瘍が188例見られたと報告した。 チェルノブイリ以前(1981~1985)では9例だった ―1年平均にしてみてると2例にもならない。 1986年から2002年の間に 179人が脳腫瘍の診断を受けている -1年平均で10人以上である。 17. 南ドイツのより強く汚染された地域では、 神経芽細胞腫と呼ばれる非常にまれな型の腫瘍を 発症した子供の特異な集団が見出された。 * 子どもの低線量被曝 〔スイスで低線量被曝と小児ガンのリスク研究 大きな反響〕 福島第一原発事故以降、 低線量被曝による 小児ガンのリスクは欧州でも関心を呼んでいる。 こうした中、スイス・ベルン大学が 2015年2月末に発表した研究は、 低線量でも線量の増加と小児ガンのリスクは正比例だとし、 「低線量の環境放射線は、すべての小児ガン、 中でも白血病と脳腫瘍にかかるリスクを高める可能性がある」 と結論した。 0.25μsv/h以下といった 低線量被曝を扱った研究は今でも数少なく、 同研究はスイスやドイツの主要新聞に 大きく取り上げられ反響を呼んだ。 * <頻度と種類、症状> 脳腫瘍の頻度 ■1万人に1.4人 原発性脳腫瘍の頻度は、 10万人中10人。 最近の統計では、MRIなどの診断装置の普及に伴い、 10万人中14人に増加。 脳腫瘍の種類 ■グリオーマが一番多い 略 * 近年の「脳腫瘍」の実態から 驚くべきが、 都内「日本赤十字医療センター」 <手術件数> 略 神奈川「南東北グループ 医療法人社団 三成会 新百合ヶ丘総合病院 」 略 等 東日本方面 (特に、脳神経外科手術設備の 比較的豊富な関東の医療機関) を中心として、各所のデータで、 特に2012年度以降 (「発症数」は別論として) 「手術件数」の急増傾向が判明。 これらを総合的に勘案しても、 今回の症例も 1F被曝影響が強いと言えるのでは?2016-07-30T08:16:16+09:00
解答(ベストアンサー):
常々『東日本方面』 と書き散らすくせに 事実はネタ切れで『 関 西 方 面 』 『西 日 本 方 面 』 でも 人が死ねば嬉々としてデマを書き散らすクズ野郎!!
2016-08-14T03:23:25+09:00

質問: 〔富士通陸上部・ジョハナ・マイナ選手、ケニア帰省中に体調不良⇒21日急死(25)〕 (Nitewatch 2016年7月25日) http://nitewatch.biz/news/johana-maina/ 富士通は7月25日、 富士通陸上競技部所属ジョハナ・マイナ選手(25)について 逝去について、 母国ケニアで休暇中に体調不良を訴え、 病院に搬送されたが、2016年7月21日に急逝したと発表した。 『7月19日、元気にケニアに帰国したジョハナ・マイナでしたが、 21日に急逝いたしました。 競技者としては、これからという時期で、 非常に残念でなりません。』 (福嶋正富士通陸上競技部のコメント) *** 〔アンドレイ・イワノフ氏 (露「スプートニク日本語課」編集長)19日急死(58)〕 (Nitewatch 2016年6月21日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10160755665 でも触れたように、 【今後我々は「入市被爆者」の原爆症認定と同じく、 長い苦闘の歴史を辿るのでは?】 とも関連しますが、 特に近年、 〔ザハ・ハディド氏(女性建築家)31日、 急性心疾患のため米病院で急死(65)/新国立旧計画〕 (NHK 2016年4月1日 ) 〔エド・ギリガン氏(米アメックス社長)29日、 出張先の日本から帰国の社用機内で突然死(55)〕 (2015年5月30日) 等々のケースを筆頭に 1F事故後に来日した海外著名人の多くに 日本滞在中、あるいは帰国直後に 体調不良を訴えるケースが少なくなく、 最悪なケースですと、 前述した急死(突然死)事例も 後を絶ちません。 更には、 〔若宮啓文氏(元朝日新聞主筆)28日、 訪問先の北京市内ホテル浴室で急死(68)〕 (朝日新聞 2016年4月28日) 〔桐山秀樹氏(作家)6日、 滞在先の都内ホテルで急性心不全のため死去(62)〕 (silvershield 2016年2月15日) 〔森本晃司氏元建設相)18日、 出張中の東京都内のホテルで急死(73)〕 (毎日新聞 2015年12月19日配信) 〔中村勝広氏(阪神TのGM)23日、 都内ホテルの部屋で急死(66)〕 (スポニチアネックス / 2015年9月23日) 〔玉木一徳氏(国士舘大教授)18日、 入浴中に倒れ溺死で長野県山ノ内町の旅館で死去(58)〕 (2015年2月) でも触れた 国外&国内・西日本からの 東日本方面への訪問という いわゆる「入市被ばく」型。 あるいは それを端的に応用して考えれば、 その逆のパターン 特に 東日本方面の(初期+慢性)被曝者が 国外&国内・西日本方面にて、 潜在的・被曝素因が顕在化する 可能性も十分想定内だと思うのですが。 とりわけ、 〔横浜市立大学の女子学生21日、 肺血栓のため旅行先・中東カタールで急死〕 (silvershield 2016年3月30日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157600850 の中でも触れた 【 航空機乗務員の放射線被曝問題 ~航空機乗務員は放射線職業人より3~4倍の被曝量 】 という、 飛行上の、あるいは訪問先での新たな環境要因が 従前の致命的な被曝素因を重畳作用的に 顕在化させやすくなる 可能性も十分想定 できるのではないでしょうか? 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。 特に最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? そして、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 比較的若年層の突然死を筆頭とした この種の重篤疾患も 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのでは?2016-07-25T21:49:00+09:00
解答(ベストアンサー):
>>厚生労働省の推計によりますと、 >>2014年に >>生まれた赤ちゃんは >>100万1000人で、 >>前年に比べ、およそ2万9000人減少し、 >>統計を取り始めた1899年以降で最も少なくなりました。 >>一方、 >>死亡した人は >>126万9000人 >>の戦後最多で、 >>この結果、 >>日本の人口は >>8年連続で出生数が死亡数を下回る「自然減」となり、 >>減少幅は26万8000人で過去最大です。 >> ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ このバカ野郎の屁理屈じゃ、単なる少子高齢化による 人口減も「放射能のせい」って事になってるらしいぜ!(嘲笑)
2016-08-09T03:41:57+09:00

質問: 〔茨城・つくば市/大学生(21)の水上バイクが岸に乗り上げ男性と衝突…死亡〕 (テレビ朝日系(ANN) 2016年7月18日配信) http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160718-00000024-ann-soci 17日、茨城県つくば市で、 男子大学生が乗った水上バイクが川岸に乗り上げ、 家族で川に来ていた会社員の男性に衝突しました。 男性はその後、死亡しました。 午後4時半ごろ、つくば市の小貝川で、 都内の大学に通う男子大学生(21)2人が 乗った水上バイクが川岸に乗り上げ、 家族と一緒にいた茨城県常総市の会社員・篠崎英樹さん(41) とぶつかりました。 篠崎さんは頭の骨などを折り、 約8時間後に搬送先の病院で死亡しました。 警察によりますと、 大学生らは15人ほどのグループで、 水上バイクに乗るために川に来ていました。 操縦していた大学生は「当時のことは覚えていない」 などと話しているということです。 警察は、業務上過失致死の疑いもあるとみて 事故の経緯を調べています。. *** >操縦していた大学生は「当時のことは覚えていない」 などと話しているということです。 罪の軽減目的で、意図的に黙秘している 可能性もありうるとしても、 近年の海上車両に伴う事故を含む海辺の事故は 東日本を中心に、 年々増加傾向にあるだけに、 只ならぬ気配を感じます。 もちろん、海の事故に限らず、 陸の事故においても、 東日本方面を中心として、 日本全土で激増していますが、 特に1F事故後、 特に東日本を中心として 日本全土で、 列車、モノレールに限らず、 バス、飛行機等の特に運送業務者の 体調不良が相次いでおり、 救急搬送されるケースも 珍しくなくなってきました。 必然的に、車両事故も多発するのは 何ら不思議ではありません。 初動操作ミスに起因する 普通乗用車の突っ込み事故等の急増はもとより 特にバス(関連として「大型トラック」も例外ではない) 関連の運転手の体調不良&異常事故の急増は 2013年あたりから既に顕著な兆候が見られたようです。 2014年あたりからは、 運転手の体調不良&異常事故の対象地域も (2013年~)東北&関東に限らず、 徐々に拡大してきているようにも感じます。 〔「過労死」と「被曝事項」との曖昧な境界 ~「過労死」の死角〕 運行業務の規制緩和に伴い、 各運転手に対する精神的&肉体的負担も高まっている ことは概ね予測できますが、 やはり、背後に「被曝影響」(特に、脳&中枢神経) が大規模に顕在化しつつあるのでは? そして、西日本方面に関しても、 例外ではなく、 【今後、20年間の間に 約2150万人が被曝関連死するというのに・・】 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113130699 でも触れたように、 「愛知県が直接被曝のボーダーライン (セシウム合算50Bq/kg以下)」 〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg ⇒チェルノブイリのフランス(ホットスポット・南フランスを除く) の平均汚染に相当〕 〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」 と外部被曝のボーダーライン地帯を境に 西日本方面と言えども、 東日本方面の飲食物が大量に 流通しているとなると、 内外被曝の合算値(積算被曝量)が 東日本方面の残留民の被曝値(積算被曝量)に 徐々に近づいているであろうことは 概ね予想できます。 そして、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのでは? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、 今年2016年度以降、 この種の被曝疾患の突然の顕在化と思われる ことに起因する不自然な事故も、 陸、海、空問わず 東日本を中心に日本全土で 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのでは?2016-07-18T15:09:47+09:00
解答(ベストアンサー):
【 indianlegend3 放射脳語大辞典】 《論理》 ①妄想の形式・法則。また、妄想の不規則的なつながり。 ②実際に行われていない推理の仕方。捏造のすじみち。 ③比喩的に、事物間の作為的つながり。 【関連語】 悪心 徒(あだ)し心 偏見 虚言症 作話症[医] 虚言癖 病的虚言 詐欺 赤嘘 真っ赤な嘘 空(から)嘘 嘘八百 虚伝 空説 虚聞 空言 荒唐無稽 無稽荒誕 荒誕不稽 大法螺 駄法螺 法螺を吹く 言い曲げる 捻じ曲げる 歪曲する 子供騙(だま)し 子供誑(たら)し 尻も結ばぬ糸 嘘吐(つ)いたら針千本呑ます 嘘をつけば舌を抜かれる 閻魔様 嘘つきは泥棒の始まり; ちゃら ちゃらっぽこ ちゃらくら ちゃらほら ちゃらちゃらくら ちゃらを言う ちゃらっぽこを言う ちゃらす ちゃらける ちゃらかす おちゃらかす とんまかす すけとん
2016-08-02T03:38:07+09:00

質問: 〔岡野喜之助氏(静岡・沼津市/スルガ銀行副社長)13日、脳出血で急死(69)〕 http://sougi.bestnet.ne.jp/php/funeral_jump.php?type=FW&start_id=1&rcv_funeral_id=bs1wC7wm8mr1YCjHtB2zIcOab 故人名:岡野 喜之助 / おかの きのすけ 享年:69歳 故人情報 : スルガ銀行副社長。静岡県出身。 葬儀・告別式は近親者のみで行う。 後日、お別れの会を開くが詳細は未定。 死亡情報 : 2016年07月13日午後00時25分、脳出血のため、死去。 喪主名:岡野 けい子 喪主/続柄:妻 *** 60代後半という 老人性疾患の多発期に近い側面もあるにせよ、 〔浅井研二郎氏(兵庫/浅井劇団・座長)8日、 くも膜下出血のため急死(42)〕 (Nitewatch 2016年7月9日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13161437578 でも触れたように、 特に今回のような 頭部疾患(但し、脳腫瘍は除く) に焦点を絞っても、 〔元女優・小田かおるさん(55) 3月末「脳出血」⇒左半身麻痺(後遺症)&車いす生活〕 (Nitewatch 2016年7月9日) 〔鈴木大介氏(ルポライター)(41) 2015年5月末、脳梗塞⇒高次脳機能障害の後遺症〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔(「Crossfaith」Kazu)武村和樹(27) 2014年8月脳内出血で緊急入院⇒リハビリ闘病中〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔「オリーバーズ」大友マサノリ氏(32)5月25日、 クモ膜下出血で緊急入院〕 (Nitewatch 2016年6月4日) 〔福島・川俣町の古川道郎町長(71) 2015年12月~脳梗塞&左半身一部麻痺〕 (Nitewatch 2016年5月22日) 〔女優・横町慶子さん17日死去(48) ~脳梗塞(2010発症)の悪化か〕 (SPICE 2016年3月27日) 〔プロレスラー・ハヤブサ(江崎英治)氏3日、 くも膜下出血のため死去(47)〕 (産経新聞 2016年3月4日配信 ) 〔安生徹氏(元国会1F事故調査委員会事務局長) 12日くも膜下出血で埼玉県内病院で死去(66)〕 (silvershield 2016年3月16日) 〔歌手・徳永英明(55) もやもや病⇒脳梗塞発症の予防のため2月22日に緊急手術〕 (デイリースポーツ 2016年3月3日配信) 〔清水真氏 (昭和女子大学・准教授)くも膜下出血のため死去(47)〕 (silvershield 2016年1月24日) 〔国本武春氏(浪曲師)24日、 脳出血による呼吸不全で都内病院で死去(55)〕 (時事ドットコム 2015年12月24日) 〔造形作家の内田恭輔氏1日、脳出血のため死去(37)〕(2015/10) 〔女性漫画家・速水翼さん19日、脳幹出血のため死去(50代?)〕 (スポニチ 2015年8月21日 ) 〔お笑い芸人・相原慎吾氏13日朝にくも膜下出血で死去(31)〕 (J-CASTニュース / 2015年8月19日) 〔楠井まこと前・(東京)国分寺市議18日、 くも膜下出血のため急死(38)〕 (2015年8月19日) その他 〔ユニコーン・川西幸一(55) 脳梗塞[ラクナ梗塞]に罹患⇒2カ月程度の静養(16日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年7月17日) 〔 タレント・磯野貴理子(50) 2014年10月23日に脳梗塞で倒れ、緊急入院〕 1F視察直後に 〔元東京都知事・石原慎太郎(82) 都内病院で「軽度の脳梗塞」と診断⇒入院〕 (2013年2月) 〔テレビ東京・大橋未歩アナウンサー(34) 若年性脳梗塞を発症〕 (2013年1月~9月療養) 〔国立がん研究センター(内科医) 近藤崇医師(28)2011年12月、脳梗塞で倒れ半身不髄に〕 とごく一部の情報にすぎませんが、 特に東日本方面における 特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)に起因する 特に、比較的若年層の急死(突然死) 報道も、最近特に目立ってきたように感じます。 最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより) 関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にしても、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 この種の若年層の重篤疾患も、 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか? PS 「愛知県が直接被曝のボーダーライン (セシウム合算50Bq/kg以下)」 〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg ⇒チェルノブイリのフランス (ホットスポット・南フランスを除く)の平均汚染に相当〕 〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」 「直接被曝のボーダーライン」地帯 (特に、静岡、愛知) においても、比較的若年層の訃報&重篤疾患 の報告例が近年目立ってきたように感じています。 ~参考~ 〔嘉納正人氏(造形作家MASATO) 2015年10月~体調不良の悪化⇒6月7日急死(37)〕 (Nitewatch 2016年7月7日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161362332 ⇒(特に、静岡、愛知の)近年の 比較的若年層の訃報&重篤疾患の報告例2016-07-16T13:30:10+09:00
解答(ベストアンサー):
●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。 ●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。 ●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。 ●転んで怪我したのは放射脳のせい。 ●自殺で死んでも放射脳のせい。 ●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。 ●登山で遭難死しても放射脳のせい。 ●性同一性障害も放射能のせい。 ●マグロがでかいのは放射脳のせい。 ●パンダが発情しないのは放射脳のせい。 ●尿路結石は放射脳のせい。 ●鼻血が出るのは放射脳のせい。 ●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。 ●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。 ●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。 ●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。 ●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。 ●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。 ●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。 ●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。 ●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。 ●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。 ●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。 ●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。 ●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。 ●若ハゲも放射脳のせい。 etc,,,,etc,,, とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。 ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。 放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。
2016-07-31T03:43:08+09:00

質問: 〔浅井研二郎氏(兵庫/浅井劇団・座長)8日、くも膜下出血のため急死(42)〕 (Nitewatch 2016年7月9日) http://nitewatch.biz/news/asai_gekidan/ 兵庫県の座三和スタジオで公演中だった 浅井劇団の浅井研二郎さん(42)が7月8日、 くも膜下出血のため急死。 浅井さんは1973年生まれ。 2011年に浅井研二郎劇団を旗揚げ、 2015年に長男が座長を襲名、 興行責任者の太夫元に就任していた。 7月17日に誕生日公演を迎える予定だった。 PS ~劇団・関係者のツイッター~ (2016年7月8日 ) 訃報をお知らせします。 つい先程… 現在兵庫県の座三和スタジオで公演中の浅井劇団。 座長、浅井研二郎様が くも膜下出血で亡くなられました。 非常に非常にショックです。 大会などでお目にかかると元気にされていたのに 本当に本当に残念です。 *** 〔元女優・小田かおるさん(55) 3月末「脳出血」⇒左半身麻痺(後遺症)&車いす生活〕 (Nitewatch 2016年7月9日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161433027 でも触れたように 特に今回のような 頭部疾患(但し、脳腫瘍は除く) に焦点を絞っても、 〔鈴木大介氏(ルポライター)(41) 2015年5月末、脳梗塞⇒高次脳機能障害の後遺症〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔(「Crossfaith」Kazu)武村和樹(27) 2014年8月脳内出血で緊急入院⇒リハビリ闘病中〕 (Nitewatch 2016年6月30日) 〔「オリーバーズ」大友マサノリ氏(32)5月25日、 クモ膜下出血で緊急入院〕 (Nitewatch 2016年6月4日) 〔福島・川俣町の古川道郎町長(71) 2015年12月~脳梗塞&左半身一部麻痺〕 (Nitewatch 2016年5月22日) 〔女優・横町慶子さん17日死去(48) ~脳梗塞(2010発症)の悪化か〕 (SPICE 2016年3月27日) 〔プロレスラー・ハヤブサ(江崎英治)氏3日、 くも膜下出血のため死去(47)〕 (産経新聞 2016年3月4日配信 ) 〔安生徹氏(元国会1F事故調査委員会事務局長) 12日くも膜下出血で埼玉県内病院で死去(66)〕 (silvershield 2016年3月16日) 〔歌手・徳永英明(55) もやもや病⇒脳梗塞発症の予防のため2月22日に緊急手術〕 (デイリースポーツ 2016年3月3日配信) 〔清水真氏 (昭和女子大学・准教授)くも膜下出血のため死去(47)〕 (silvershield 2016年1月24日) 〔国本武春氏(浪曲師)24日、 脳出血による呼吸不全で都内病院で死去(55)〕 (時事ドットコム 2015年12月24日) 〔造形作家の内田恭輔氏1日、脳出血のため死去(37)〕(2015/10) 〔女性漫画家・速水翼さん19日、脳幹出血のため死去(50代?)〕 (スポニチ 2015年8月21日 ) 〔お笑い芸人・相原慎吾氏13日朝にくも膜下出血で死去(31)〕 (J-CASTニュース / 2015年8月19日) 〔楠井まこと前・(東京)国分寺市議18日、 くも膜下出血のため急死(38)〕 (2015年8月19日) その他 〔ユニコーン・川西幸一(55) 脳梗塞[ラクナ梗塞]に罹患⇒2カ月程度の静養(16日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年7月17日) 〔 タレント・磯野貴理子(50) 2014年10月23日に脳梗塞で倒れ、緊急入院〕 1F視察直後に 〔元東京都知事・石原慎太郎(82) 都内病院で「軽度の脳梗塞」と診断⇒入院〕 (2013年2月) 〔テレビ東京・大橋未歩アナウンサー(34) 若年性脳梗塞を発症〕 (2013年1月~9月療養) 〔国立がん研究センター(内科医) 近藤崇医師(28)2011年12月、脳梗塞で倒れ半身不髄に〕 とごく一部の情報にすぎませんが、 特に東日本方面における 特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)に起因する 特に、比較的若年層の急死(突然死) 報道も、最近特に目立ってきたように感じます。 最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより) 関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にしても、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 この種の若年層の重篤疾患も、 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか? PS 【今後、20年間の間に 約2150万人が被曝関連死するというのに・・】 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113130699 「愛知県が直接被曝のボーダーライン (セシウム合算50Bq/kg以下)」 〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg ⇒チェルノブイリのフランス(ホットスポット・南フランスを除く) の平均汚染に相当〕 〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」 と外部被曝のボーダーライン地帯を境に 西日本方面と言えども、 東日本方面の飲食物が大量に 流通しているとなると、 内外被曝の合算値(積算被曝量)が 東日本方面の残留民の被曝値(積算被曝量)に 徐々に近づく傾向。2016-07-09T11:06:43+09:00
解答(ベストアンサー):
>>被曝疾患としての側面が >>非常に強いと言えるのではないでしょうか? オマエのデマじゃあ何の根拠にもならねえな(冷笑)。
2016-07-23T11:23:02+09:00

質問: 〔鈴木大介氏(ルポライター)(41)2015年5月末、脳梗塞⇒高次脳機能障害の後遺症〕 (Nitewatch 2016年6月30日) http://nitewatch.biz/news/41-reportage/ 2015年5月末に側頭葉の脳梗塞に襲われ 言語障害や空間認識、 左手指の麻痺などの高次脳機能障害が後遺症として 残ることになった41歳のルポライターの ドキュメント『脳が壊れた』がこのほど新潮社から出版される。 脳機能に障害を抱えた人に、 世界がどう見えているか、といったことはあまり伝わっていない。 しかし、著者鈴木大介氏は ルポライターという職業柄、 自身の脳に起こった変化を発症直後から 客観的に観察することができ、 軽度の脳梗塞だったこともあり、 これまでの体験を著書の形でまとめることに成功した。 *** 〔(「Crossfaith」Kazu)武村和樹(27) 2014年8月脳内出血で緊急入院⇒リハビリ闘病中〕 (Nitewatch 2016年6月30日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161081832 でも触れたように、 特に今回のような 頭部疾患(但し、脳腫瘍は除く) に焦点を絞っても、 〔「オリーバーズ」大友マサノリ氏(32)5月25日、 クモ膜下出血で緊急入院〕 (Nitewatch 2016年6月4日) 〔福島・川俣町の古川道郎町長(71) 2015年12月~脳梗塞&左半身一部麻痺〕 (Nitewatch 2016年5月22日) 〔女優・横町慶子さん17日死去(48) ~脳梗塞(2010発症)の悪化か〕 (SPICE 2016年3月27日) 〔プロレスラー・ハヤブサ(江崎英治)氏3日、 くも膜下出血のため死去(47)〕 (産経新聞 2016年3月4日配信 ) 〔安生徹氏(元国会1F事故調査委員会事務局長) 12日くも膜下出血で埼玉県内病院で死去(66)〕 (silvershield 2016年3月16日) 〔歌手・徳永英明(55) もやもや病⇒脳梗塞発症の予防のため2月22日に緊急手術〕 (デイリースポーツ 2016年3月3日配信) 〔清水真氏 (昭和女子大学・准教授)くも膜下出血のため死去(47)〕 (silvershield 2016年1月24日) 〔国本武春氏(浪曲師)24日、 脳出血による呼吸不全で都内病院で死去(55)〕 (時事ドットコム 2015年12月24日) 〔造形作家の内田恭輔氏1日、脳出血のため死去(37)〕(2015/10) 〔女性漫画家・速水翼さん19日、脳幹出血のため死去(50代?)〕 (スポニチ 2015年8月21日 ) 〔お笑い芸人・相原慎吾氏13日朝にくも膜下出血で死去(31)〕 (J-CASTニュース / 2015年8月19日) 〔楠井まこと前・(東京)国分寺市議18日、 くも膜下出血のため急死(38)〕 (2015年8月19日) その他 〔ユニコーン・川西幸一(55) 脳梗塞[ラクナ梗塞]に罹患⇒2カ月程度の静養(16日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年7月17日) 〔 タレント・磯野貴理子(50) 2014年10月23日に脳梗塞で倒れ、緊急入院〕 1F視察直後に 〔元東京都知事・石原慎太郎(82) 都内病院で「軽度の脳梗塞」と診断⇒入院〕 (2013年2月) 〔テレビ東京・大橋未歩アナウンサー(34) 若年性脳梗塞を発症〕 (2013年1月~9月療養) 〔国立がん研究センター(内科医) 近藤崇医師(28)2011年12月、脳梗塞で倒れ半身不髄に〕 とごく一部の情報にすぎませんが、 特に東日本方面における 特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)に起因する 特に、比較的若年層の急死(突然死) 報道も、最近特に目立ってきたように感じます。 最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより) 関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にしても、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 この種の若年層の重篤疾患も、 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか?2016-06-30T06:42:41+09:00
解答(ベストアンサー):
●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。 ●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。 ●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。 ●転んで怪我したのは放射脳のせい。 ●自殺で死んでも放射脳のせい。 ●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。 ●登山で遭難死しても放射脳のせい。 ●性同一性障害も放射能のせい。 ●マグロがでかいのは放射脳のせい。 ●パンダが発情しないのは放射脳のせい。 ●尿路結石は放射脳のせい。 ●鼻血が出るのは放射脳のせい。 ●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。 ●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。 ●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。 ●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。 ●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。 ●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。 ●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。 ●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。 ●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。 ●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。 ●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。 ●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。 ●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。 ●若ハゲも放射脳のせい。 etc,,,,etc,,, とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。 ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。 放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。
2016-07-24T22:08:09+09:00

質問: 〔(「Crossfaith」Kazu)武村和樹(27)2014年8月脳内出血で緊急入院⇒リハビリ闘病中〕 (Nitewatch 2016年6月30日) http://nitewatch.biz/news/crossfaith/ 2016年6月4日の「SATANIC CARNIVAL ’16」公演より サポートギターを加えた6人体制で ライブ活動を行うと発表している メタルコアバンドCrossfaith。 https://ja.wikipedia.org/wiki/Crossfaith CrossfaithはギタリストのKAZUKIが 昨年、脳内出血、大脳基底核損傷の治療のため 一時休養していることから、 サポートギター加入という新体制について、 一部ファンから不安の声があがっていたが、 KAZUKIがツイッターで 「順調に回復して、元気いっぱい」と近況を報告し、 誤解を打ち消した。 * Crossfaith KAZUKIは 2015年1月に大脳基底核の損傷の治療のため、 療養すると発表していた。 「Crossfaithのギタリスト・KAZUKIが、 昨年(2014年)夏に 左手の不調を訴え医師による診察を受けたところ、 大脳基底核の損傷、いわゆる脳内出血と診断されました。 メンバー、スタッフで何度も話し合いを重ねた結果、 KAZUKI本人の完治を第一優先に考え、 しばらくの間、療養させていただくことになりました。 (オフィシャルHP掲載コメント)」 PS 2014年夏に 左手の不調を訴え医師による診察を受けたところ、 大脳基底核の損傷、いわゆる脳内出血と診断され緊急入院。 2015年1月、公式に長期休養が発表された。 2016年6月現在もリハビリ闘病中。 *** 〔「オリーバーズ」大友マサノリ氏(32)5月25日、 クモ膜下出血で緊急入院〕 (Nitewatch 2016年6月4日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14160108034 でも触れたように、 特に今回のような 頭部疾患(但し、脳腫瘍は除く) に焦点を絞っても、 〔福島・川俣町の古川道郎町長(71) 2015年12月~脳梗塞&左半身一部麻痺〕 (Nitewatch 2016年5月22日) 〔女優・横町慶子さん17日死去(48) ~脳梗塞(2010発症)の悪化か〕 (SPICE 2016年3月27日) 〔プロレスラー・ハヤブサ(江崎英治)氏3日、 くも膜下出血のため死去(47)〕 (産経新聞 2016年3月4日配信 ) 〔安生徹氏(元国会1F事故調査委員会事務局長) 12日くも膜下出血で埼玉県内病院で死去(66)〕 (silvershield 2016年3月16日) 〔歌手・徳永英明(55) もやもや病⇒脳梗塞発症の予防のため2月22日に緊急手術〕 (デイリースポーツ 2016年3月3日配信) 〔清水真氏 (昭和女子大学・准教授)くも膜下出血のため死去(47)〕 (silvershield 2016年1月24日) 〔国本武春氏(浪曲師)24日、 脳出血による呼吸不全で都内病院で死去(55)〕 (時事ドットコム 2015年12月24日) 〔造形作家の内田恭輔氏1日、脳出血のため死去(37)〕(2015/10) 〔女性漫画家・速水翼さん19日、脳幹出血のため死去(50代?)〕 (スポニチ 2015年8月21日 ) 〔お笑い芸人・相原慎吾氏13日朝にくも膜下出血で死去(31)〕 (J-CASTニュース / 2015年8月19日) 〔楠井まこと前・(東京)国分寺市議18日、 くも膜下出血のため急死(38)〕 (2015年8月19日) その他 〔ユニコーン・川西幸一(55) 脳梗塞[ラクナ梗塞]に罹患⇒2カ月程度の静養(16日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年7月17日) 〔 タレント・磯野貴理子(50) 2014年10月23日に脳梗塞で倒れ、緊急入院〕 1F視察直後に 〔元東京都知事・石原慎太郎(82) 都内病院で「軽度の脳梗塞」と診断⇒入院〕 (2013年2月) 〔テレビ東京・大橋未歩アナウンサー(34) 若年性脳梗塞を発症〕 (2013年1月~9月療養) 〔国立がん研究センター(内科医) 近藤崇医師(28)2011年12月、脳梗塞で倒れ半身不髄に〕 とごく一部の情報にすぎませんが、 特に東日本方面における 特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)に起因する 特に、比較的若年層の急死(突然死) 報道も、最近特に目立ってきたように感じます。 最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより) 関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にしても、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 この種の若年層の重篤疾患も、 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか?2016-06-30T06:29:22+09:00
解答(ベストアンサー):
●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。 ●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。 ●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。 ●転んで怪我したのは放射脳のせい。 ●自殺で死んでも放射脳のせい。 ●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。 ●登山で遭難死しても放射脳のせい。 ●性同一性障害も放射能のせい。 ●マグロがでかいのは放射脳のせい。 ●パンダが発情しないのは放射脳のせい。 ●尿路結石は放射脳のせい。 ●鼻血が出るのは放射脳のせい。 ●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。 ●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。 ●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。 ●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。 ●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。 ●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。 ●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。 ●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。 ●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。 ●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。 ●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。 ●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。 ●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。 ●若ハゲも放射脳のせい。 etc,,,,etc,,, とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。 ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。 放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。
2016-07-24T22:08:07+09:00

東日本国際大学の情報


合宿免許AZ一括見積サイト
カテゴリー: 福島県   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">