エアライン・エアポートの仕事 通関士

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エアライン・エアポートの仕事 通関士
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
エアライン・エアポートの仕事 通関士観光業界を目指す!

通関士とは

通関士

通関士の仕事
物品の輸出入を行う際には、品名や種類、数量、価格などに関する事項を申告し、検査を受ける必要があります。輸入の場合は関税など必要な税金を納入し、税関から輸出入の許可を受ける手続きをしなければなりません。これらの一連の手続きが通関手続きです。企業や団体が物品の輸出入を行う時に通関手続きの代理代行、税関への申請をしてくれるのが通関士です。通関士は財務省管轄の国家資格でこの資格がなければ申告を行うことができません。通関士は貿易業界の税理士、行政書士のような役割を担います。国際物流のプロである通関士達の手によって、各国々の輸出入が管理されているのです。
通関士は通関業者(貨物を輸出入する者からの依頼を受けて、税関に対するさまざまな手続きの代理・代行業務を行う会社)や貿易関連業や海外取引の多い会社で必要とされます。空港で働く通関士は空港にある通関業務などを行っている通関業者のスタッフです。

TOPページに戻る


エアライン・エアポート系専門学校へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">