エアライン・エアポートの仕事 トーイング

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エアライン・エアポートの仕事 トーイング
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
エアライン・エアポートの仕事 トーイング観光業界を目指す!

トーイングとは

トーイング

トーイングの仕事
地上にいる航空機を、牽引車によって牽引・移動する仕事。自力で後方に走れない航空機を空港内で移動させるときにトーイングカーで機体をけん引します。
トーイングの仕事はチームを組んで行います。両翼がぶつからないようにチェックする翼端監視係、航空機のコクピットの中に入ってギア(車輪)やブレーキ操作を行うブレーキマン、そして航空機のノーズギア(前輪)に取りつけたトーイングカーで航空機を引っ張るタグマン。この3人の連係が大切です。
トーイングの仕事をするためには、社内試験に合格しなければなりません。マーシャラーを経験した後、翼端監視係、ブレーキマンとして経験を積み、タグマンになります。知識と技術と経験が必要な仕事でタグマンになるには最速でも6年程度はかかります。
またトーイングの仕事をするためにはけん引免許が必要です。ただし採用時に必要というわけではなく、入社してからでも十分間に合います。
トーイングを目指すには高度なテクニックと繊細さそして冷静な判断力が求められます。例えば整備のためにハンガー(格納庫)に航空機を入れる時などほんのちょっとずれただけで、機体をこすってしまいます。さらにピタッと定位置に止めないと、整備のための機材が機体に付かなかったりもします。
両翼70メートルあるジャンボ・ジェット機を少しずつ動かして、ずれたら、また最初からやり直しハンガーに機体を格納します。
また、空港ではひっきりなしに航空機が離着陸します。タグマンは、管制塔とつねに無線で交信しながら、機体を引っ張らないといけません。管制塔の指示を受けながらトーイングしていきます。でも、時には自分の判断力も重要です。トーイングカーにトラブルがあった時など、パニックにならずに冷静に対処せねばなりません。
トーイングは、つねに技術と知識を磨いていかなければならない仕事なのです。

「けん引免許」については、けん引免許をとろうで詳しく説明しています。

TOPページに戻る


エアライン・エアポート系専門学校へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">